/

「自分はコロナ感染しない」都民の2割 東京都調査

小池氏は「感染対策再徹底」を呼びかけた(都庁)

新型コロナウイルスについて、東京都民の2割強が「自分は感染しないと思う」と考えていることが東京都の調査でわかった。周囲の人々の「気の緩み」に不安を感じている人は7割近くに達した。都内の感染者数は増加傾向にあり、都は感染対策の徹底を改めて呼びかける。

20~70歳代の都民を対象としたネット調査を10月に実施し、935件の有効回答を得た。「感染しても自分は重症化しない」との回答は2割超、「周囲に感染者が出ても検査を受けたくない」も1割強あった。

冬に向けて必要な情報(複数回答)を尋ねたところ「検査の受け方」「医療機関にかかる方法」との回答がそれぞれ4割を超えた。都は調査結果を受け、サンプル数を増やした本格的な調査を実施する。

小池百合子知事は12日のモニタリング会議で「これ以上の感染拡大を何としても防ぐ」と強調。都民や事業者に対し、マスクの着用や「3密」の回避などの感染予防対策を改めて徹底するよう呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン