/

この記事は会員限定です

iPhone12分解、日米比較 日本版にないミリ波部品

[有料会員限定]
日経クロステック

10月23日に発売された米アップルのiPhone 12、同12 Pro。最大の目玉は、高速通信規格「5G」に対応することだ。ただし、日本向けに提供される端末は、5Gでもサブ6と呼ばれる6ギガヘルツ以下の周波数帯(バンド)のみに対応する。

一方、米国向け端末はサブ6に加え、ミリ波帯といわれる39ギガヘルツ帯と28ギガヘルツ帯にも対応する。では、ミリ波に対応する米国版端末と日本版端末では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン