/

この記事は会員限定です

多摩川HDなど、原子時計の超小型量産化へ共同研究

[有料会員限定]

多摩川ホールディングス(HD)は東北大学、再生可能エネルギー事業を手掛けるアウラグリーンエナジー(青森市)と原子時計の超小型量産化へ共同研究を始めた。低価格を実現してスマートフォンなど汎用通信端末に搭載できれば高速大容量通信が可能になり、全地球測位システム(GPS)の精度向上など新たな市場創出につながる。

原子時計は原子が振動する周波数を基にした時計で、広く使われている水晶の振動を利用した時計の1000倍を超える正確さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン