/

この記事は会員限定です

宮崎県立美術館 画家・瑛九、収蔵1000点で迫る

至宝探訪

[有料会員限定]

瑛九(えいきゅう)(1911~60年)とは何者か。早世した画家の多面的で捉えがたい活動に迫ろうと、没後全国で展覧会が企画され、様々な切り口から研究されてきた。

宮崎市に生まれた瑛九(本名・杉田秀夫)は10代から美術批評などの文筆活動を始め、人工言語であるエスペラントの普及に傾倒し、自由と独立の精神に立つ特筆すべき前衛グループ「デモクラート美術家協会」を立ち上げた。宮崎時代は絵画グループ「ふるさと社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り517文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン