/

この記事は会員限定です

フェンシングをエンタメに 意表突く発想でイメージ刷新

日本フェンシング協会会長 太田雄貴

[有料会員限定]

「やれることは全て注ぎ込んだ。ちょっと詰め込み過ぎたくらい」。9月に東京で開催されたフェンシングの第73回全日本選手権。新型コロナウイルスの影響で無観客開催を強いられたが、日本フェンシング協会会長の太田雄貴(34)は転んでもただでは起きなかった。

無観客を逆手に取り、「徹底的にリモートで楽しめる大会をつくった」。発光ダイオード(LED)を存分に使い、カメラアングルにこだわった迫力ある映像を「Abe...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン