/

この記事は会員限定です

ゼンリンミュージアム 北九州で古今東西の地図見学

Welcome to

[有料会員限定]

地図大手のゼンリンは6月、約120点の貴重な地図などを展示する「ゼンリンミュージアム」(北九州市)を開館した。同社は「地図の歴史などが学べる、大人が来て楽しめるミュージアムをテーマに設計した」と説明。開館以来、地図の愛好家や家族連れなどに好評を博している。

ミュージアムは中世の欧州で作られた日本地図とその背景を探る「世界の中の日本」、伊能忠敬の地図と日本の開国の関連性を説明する「伊能図の出現と近代日本」な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン