/

この記事は会員限定です

冬の味覚、越前がに解禁 初日の漁船に12時間同乗

[有料会員限定]

11月6日、越前がに漁が解禁された。越前がには冬の味覚の王者ともいわれ、福井県最大の観光シーズンが始まった。ただ、誰がどうやって捕っているのかはあまり知られていない。記者が漁船に同乗した。

5日午後9時 福井県越前町は数日前からピリピリとした空気に包まれていた。越前漁港所属の「大樟丸(おこのぎまる)」に乗せてもらう。船長の泉誠さん(47)は16歳で父親の船に乗り、33歳で船長になったベテランだ。ほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン