/

この記事は会員限定です

特別自治市の機が熟すとき

時流地流

[有料会員限定]

◆特別自治市創設を提言した5日の指定都市市長会議。1カ所手直しした提言の修正論議に実現への壁が垣間みえた。修正したのは政令市を「地域の成長のエンジン」とした部分。広島市長が「権限と財源を確保して近隣市町のお世話をすることに考慮を」と求め、「地域の成長」を周辺市町村を含めた「圏域の成長」に見直す流れになった。

◆「圏域」とする意味は「特別自治市に税収を独占される」と懸念が根強い周辺市町村や道府県に配慮す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン