/

子ども向け図書館着工、安藤忠雄さん設計 神戸

「こども本の森 神戸」のイメージ(安藤忠雄建築研究所提供)=共同

建築家の安藤忠雄さんが神戸市中央区の公園「東遊園地」に建設し、市に寄贈する子ども向け図書館「こども本の森 神戸」の起工式が12日、公園内で開かれた。2021年末に完成し、開館は22年春の予定。東遊園地には阪神大震災の犠牲者を追悼する「慰霊と復興のモニュメント」があり、図書館には震災関連書籍のコーナーを設ける。

鉄筋コンクリート造りの2階建てで、延べ床面積約600平方メートルとなる。蔵書は絵本を中心に段階的に2万5千冊まで増やす計画で、内部は吹き抜けや幅の広い階段、フローリングの床が特徴。

図書館「こども本の森 神戸」の起工式後、取材に応じる安藤忠雄さん(12日、神戸市)=共同

安藤さんは起工式後の取材に「(公園の)自然と一体となるような空間を目指す。将来世界に羽ばたく子どもに本を読んでもらい、震災の記憶も受け継いでもらいたい」と話した。

市によると、安藤さんは震災後に被災地に通い、植樹活動や街づくりの計画に携わった。

7月には安藤さんが大阪市に寄贈した図書館「こども本の森 中之島」が同市北区にオープンした。岩手県遠野市でも同様の図書館建設計画が進んでいる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン