/

この記事は会員限定です

イランのウラン貯蔵量は増加ペース鈍化 IAEA報告

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)は11日、イランの低濃縮ウランの貯蔵量がなお核合意の規定から大幅に超過しているという内容の報告書をまとめた。増加ペースは鈍化した。米大統領選でバイデン前副大統領の当選が確実な情勢を受け、イランは米国の出方を探っている可能性もある。

バイデン氏はイランの核開発を大幅に抑制する核合意への復帰を目指す方針を表明している。

報告書によると、11月2日時点の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り561文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン