/

この記事は会員限定です

「ワクチンラリー」阻む3つのリスク

米州総局 野村優子

[有料会員限定]

11日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、終値は前日比23ドル安の2万9397ドルとなった。初の3万ドルまであと400ドル強に迫る場面もあったが、午後に下落に転じた。ワクチンの供給により経済が回復するとの期待が株価を押し上げる「ワクチンラリー」が、ここ数日の株高を支えた。ここに来て好循環を阻むリスクへの懸念も出はじめた。

週初の株価大幅高の発端となったのが、9日に米製薬大手ファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン