/

この記事は会員限定です

ステンレス鋼板、流通価格11カ月ぶり上昇

ニッケル系1%高、原料相場上昇を反映 浸透には時間

[有料会員限定]

厨房機器や建材に使うステンレス鋼板の流通価格が11カ月ぶりに上昇した。原料高を背景にメーカーが値上げを進め、仕入れ値が上がった流通業者も顧客への販売価格を引き上げた。流通業者は一段の値上げを模索するが、新型コロナウイルスの影響で需要の戻りは鈍く、先行きは不透明だ。

主原料にニッケルを使うステンレス冷延鋼板「SUS304」の東京地区の流通価格(2ミリ品)は現在、1キログラム365~375円前後。1カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン