/

この記事は会員限定です

トヨタ、セダン型クラウン生産終了検討 後継SUV型に

[有料会員限定]

トヨタ自動車は、高級セダン「クラウン」ブランドで、現行のセダン型の生産を終了する検討に入った。2022年に後継モデルを出す際に、多目的スポーツ車(SUV)に似た形に変更するもようだ。国内で底堅いクラウンのユーザーのため、現行型も数年は生産を続けるとみられる。SUV人気の高まりやセダン販売の低迷に対応する。

新型車はまず国内に投入し、海外でも計画する。初代のクラウンは1955年に発売した。トヨタだけでなく、国産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン