/

この記事は会員限定です

120日持つヨーグルト 食品ロス、技術でなくす

[有料会員限定]

年間600万トンを超える食品ロスの削減を目指す法律が施行されて1年、メーカー各社が技術開発を急いでいる。森永乳業は常温で120日間保存できるヨーグルトを開発。人工知能(AI)を使った需要予測や返品抑制も広がる。まだ食べられる食品を大量廃棄することに消費者の視線も厳しくなるなか、製法やデータ活用で対応を急ぐ。

森永乳業が発売した新機軸のヨーグルト飲料が売れ行きを伸ばしている。10月の出荷数量は発売し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2129文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン