/

この記事は会員限定です

中国産野菜が値上がり ネギ2倍・タマネギ2割高

外食産業などの調達コスト押し上げ

[有料会員限定]

外食産業などに使われる中国産野菜の価格が上がっている。専門商社が流通事業者に販売する価格は11月上旬時点で、皮をむいた加工タマネギが前年同時期比で2割上昇。ネギは2倍になった。外食店の調達コストを押し上げそうだ。

中国産野菜は業務用食材として定着している。輸入野菜のうち中国産タマネギは最も数量が多く、現地で皮むき加工したものが大半を占める。ネギも輸入が多い品目で中国産の存在感が強い。

都内の専門商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン