/

この記事は会員限定です

穀物相場が上昇 米農務省の11月報告、需給逼迫の観測生む

[有料会員限定]

穀物の国際価格が軒並み上昇した。米シカゴ市場の10日終値(期近)はトウモロコシ先物が1ブッシェル4.23ドルと1年4カ月ぶりの高値、大豆先物も同11.38ドルと4年4カ月ぶりの高値となった。ともに直近安値の11月初旬より1割弱高い。日本時間11日時点の時間外取引でも同水準で推移した。

米農務省が10日に発表した11月の需給報告で、2020~21年度(20年9月~21年8月)の米国産トウモロコシと大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン