/

線虫でがん検査、福岡市に専用窓口 九大発ベンチャー

九州大学発スタートアップのHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ、東京・千代田)は、線虫という生物を使ってがんを検査できる専用の窓口を福岡市内に開設した。検査キットで尿を持ち込めば、胃がんなど15種類のがんの有無が6週間以内に分かる。

ヒロツバイオは福岡市内で線虫を使ったがん検査の窓口を設けた。

新型コロナウイルス感染拡大で医療機関でのがん検査を控える動きが広がっており、検査のハードルを下げる狙いがある。

1日にオープンしたのは「N-NOSE(エヌ―ノーズ)ステーションFUKUOKA」。尿を専用の検査キットで持ち込める窓口で、東京都千代田区と福岡市の2カ所に同時に開設した。

ヒロツバイオは体長1ミリメートルの「線虫」という生物を使って、微量の尿からがんの有無を検査できる技術を持つ。線虫ががん患者の尿に含まれる特有の臭いに集まる性質を利用したもので、判定精度は約85%という。

自宅に届く検査キットで採尿した後に容器を窓口に持ち込めば、6週間以内に検査結果が出る。料金は税別9800円で別途送料などがかかる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン