/

この記事は会員限定です

東芝、再エネに1600億円投資 石炭火力の新設撤退で

[有料会員限定]

東芝が再生可能エネルギーにカジを切る。石炭火力発電所の新規建設から撤退すると11日に発表し、2022年度までに再生可能エネルギー分野で1600億円を投資する。風力発電設備の国産化や全国に分散する再生エネ電力の管理システム開発を進め、脱炭素の流れに乗ってインフラ事業を成長の柱に据える。

「脱炭素は世界的な流れだ」。車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は同日に開いたオンラインの説明会で、石炭火力発電の建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン