/

この記事は会員限定です

セルスペクト社長「感染防止と経済、両立推進を」

コロナ危機 トップらに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染履歴の把握に役立つ簡易抗体検査キットの開発・販売などを手掛ける医療関連スタートアップのセルスペクト(盛岡市)。岩渕拓也社長は「欧米とは異なる日本国内の流行状況を正しく理解し、感染防止と経済の両立を推進する時期に来ている」と呼びかける。

――感染の有無を調べるPCR検査の受託サービスを10月から盛岡市内で始めました。

「ウイルスに感染していないことを示す陰性証明のニーズが県内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン