/

ひがし北海道クレインズ、800万円の最終黒字に

2019年3月末に廃部したアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」の後継チームの運営会社、ひがし北海道クレインズ(北海道釧路市)が発表した2020年3月期の単独決算は税引き利益が800万円だった。会社設立初年度に黒字を確保した。

スポンサーからの広告収入や入場料、物販などで構成する売上高は2億2600万円、営業利益は1100万円だった。2021年3月期の業績予想は公表していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン