/

北海道、新型コロナ新たに197人感染

記者会見する秋元市長(11日、札幌市役所)

北海道は11日、新たに197人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。9日(200人)に次いで多く、7日連続で100人以上になった。札幌市では特別養護老人ホームなどで新たに2件のクラスター(感染者集団)が発生し、感染が高齢者にも広がっている。

同市では138人の感染を確認した。同市以外では石狩管内が21人、十勝管内が13人などだった。札幌市は11日、新型コロナに感染していた患者1人の死亡を発表。旭川市も同日、2人の死亡を公表した。

北海道では10日時点で入院患者434人、宿泊療養施設の入所者508人と入所調整中の患者158人など計1160人のコロナ患者を抱えている。札幌市は医療提供体制が逼迫していることを受け、症状悪化リスクの低い患者に11日から自宅療養を認める。10日時点で60人を自宅療養にする方向で調整している。

札幌市の秋元克広市長は11日の記者会見で「高齢者にも感染が広がっており、今後、医療が必要な人に対応する余力を残す必要がある」と説明した。

市内の宿泊療養施設については、2棟目の「東横イン札幌すすきの交差点」の運用を13日から始める。受け入れ可能人数は330人で、既に運用している施設を合わせて1000人の受け入れが可能になる。

市内2カ所目のPCR検査センターも19日に開設する。ドライブスルー方式で、1日当たり100件強の検体採取が可能。既に設置しているPCR検査センターや、すすきのの臨時PCR検査センターなども合わせ、札幌市では1日最大3000件の検体採取が可能になる。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン