/

種苗法改正案が審議入り 衆院農水委

国内で開発されたブランド果実などの海外への不正な持ち出しを禁じる種苗法改正案が11日、衆院農林水産委員会で審議入りした。新品種の開発者が栽培地域を指定できるようにして権利保護を強化する。

ブドウ「シャインマスカット」など日本で開発された品種が海外に流出する事例が相次いだことが背景にある。違反した場合の罰則も設けた。

改正案は今年の通常国会で提出されたが審議が見送られた。農家が収穫物から種や苗木を採取し翌年の栽培に使う「自家増殖」も制限する内容に懸念の声が出ていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン