/

この記事は会員限定です

コロナ禍の特産品を救え 自治体、ネット通販で支援

(更新) [有料会員限定]

地方自治体がインターネット通販を活用して、地域の特産物の販売を支援する動きが広がっている。新型コロナウイルスによる飲食需要低迷で販路を失った農水産物などの消費を拡大する狙いだ。送料や割引の原資を自治体が負担することで、地元産品の顧客開拓を支える。

「多くの人に購入していただき、生産者支援につながった」。千葉県は今夏、新型コロナの影響で業務用の需要が落ち込む農水産物や加工品を詰め合わせ、JA全農ちば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン