/

東証、ローランドの再上場承認 時価総額今年最大級

「Roland」や「BOSS」といったブランドは世界で知名度も高い(写真はローランドHPより)

東京証券取引所は11日、電子楽器大手ローランドの再上場を承認した。想定仮条件の平均価格3260円で計算すると上場時の時価総額は891億円となる。公開価格は今後決めるが2020年の新規株式公開(IPO)では、雪国まいたけ(約876億円)を超えて最大となる可能性がある。上場市場が1部か2部か未定で、上場予定日は12月16日。

ローランドは13年3月期まで4期連続で最終赤字となり抜本的な経営再建のため、14年にMBO(経営陣が参加する買収)によって東証上場を廃止した。資本参加して再建に協力した米投資ファンド、タイヨウ・パシフィック・パートナーズがグループを通じて株式の91%を持ち、再上場にあわせ、このうち1171万株(上場時発行済み株数の43%)を売り出す。公募や他の株主の売り出しはない。

ローランドは1972年に大阪市で設立。電子ピアノやシンセサイザー、ギターアンプなどを手掛け、高価格帯の商品に強みがある。ただ08年のリーマン・ショックの影響などで国内外の販売が落ち込んだ。上場廃止した後は、タイヨウの傘下でマレーシア工場への生産拠点の集約や不採算事業の整理を進め、競争力を取り戻した。20年12月期の連結業績予想は売上高が652億円、純利益は39億円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン