/

この記事は会員限定です

貿易手続き電子化、税関とシステム接続へ 民間7社

[有料会員限定]

NTTデータなど民間7社で作る貿易業務の完全電子化システムが、日本の税関と接続する見通しになった。両者のシステム運営会社どうしが12日にも覚書を交わす。文書処理のデジタル化を推進し、煩雑な貿易手続きを効率化する。官民が連携することで海外企業も含めた利用拡大を目指し、貿易取引の活性化につなげたい考えだ。

電子化システムはNTTデータが開発した貿易情報管理システム「トレードワルツ」。運営会社は年度内に商用サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン