/

この記事は会員限定です

ローランド再上場へ コスト削減奏功、競争力取り戻す

[有料会員限定]

電子楽器大手ローランドが2020年12月16日に東京証券取引所に再上場する見通しとなった。東証が11日、上場申請を承認したと発表した。業績低迷による上場廃止から6年。組織の効率化によるコスト削減やブランド再構築の取り組みが奏功し、競争力を取り戻し満を持しての捲土(けんど)重来だ。

「非上場化から2年で構造改革にメドをつけ、成長に舵(かじ)をきりたい」。東証1部から上場廃止した14年10月、三木純一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン