/

この記事は会員限定です

新型コロナの肺炎、AIで診断 PCR検査より早く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の患者を精度良く見分け、医師の診断を助ける人工知能(AI)が医療現場で使われ始めた。コンピューター断層撮影装置(CT)画像をもとに、新型コロナによる肺炎かどうかを見極める。今秋には全国から患者の情報を集めて国産AIの開発を後押しする動きも出てきた。新型コロナによる重症化を防ぐ仕組みとして期待できる。

CTはエックス線を使って患者の体を撮影する医療機器だ。体を輪切りにした状態...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン