/

小池都知事 ロックダウン発言「感染拡大の歯止めに」

東京都の小池百合子知事は11日、新型コロナウイルス対策で「ロックダウン(都市の封鎖)」に触れた3月下旬の自身の発言について「急速な感染の拡大に歯止めをかけることができた」と述べた。週末や夜間の外出自粛を要請するため「専門家が使った言葉を用いて、都民にわかりやすく発信した」と真意を説明した。

都議会委員会で、都民ファーストの会の藤井晃氏に答弁した。小池氏は3月下旬は「感染者の爆発的な増加が発生するか否かの分岐点」で「ウイルスの危機をあらゆる手段で都民に伝える必要があった」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン