/

この記事は会員限定です

バイデン政権誕生は米シェール革命の終わりか

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

米大統領選挙で環境・エネルギー政策のグリーン化を掲げるバイデン前副大統領の当選が確実になった。米国は石油・天然ガスの最大の生産・消費国だが、バイデン政権の誕生で関連産業に向かい風は強まるだろう。米国を起点に世界のエネルギー秩序を一変させたシェール革命もこれで終わるのだろうか。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

バイデン氏は選挙で2035年までに発電部門の温暖化ガス排出を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン