/

この記事は会員限定です

ライフエッジの杉本さん、エンジニア共同生活支援

人物ファイル

[有料会員限定]

多感な学生時代を過ごした街は誰にとっても特別な場所だろう。東京都渋谷区に本社を置くライフエッジが、IT(情報技術)エンジニア限定のシェアハウスの展開先に選んだのは宇都宮市。宇都宮大で学部・大学院の6年間を過ごした最高経営責任者(CEO)の杉本大介さんは「思い入れのある土地に恩返しがしたかった」と話す。

シェアハウスの「エンジニアミックス」はJR宇都宮駅東口から3キロメートルほど離れた閑静な住宅街の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン