/

ニップン冷食、伊勢崎工場で冷凍食品の体制強化

ニップン冷食の伊勢崎工場(群馬県伊勢崎市)

日本製粉の冷凍食品製造・販売子会社のニップン冷食(茨城県龍ケ崎市)は、伊勢崎工場(群馬県伊勢崎市)の冷凍食品第2工場を完成させた。家庭用冷凍食品の供給体制の強化を図り、冷凍食品事業の拡大を加速するとしている。

新設した工場は延べ床面積約8000平方メートルで、投資総額は44億円。生産能力は年間4200万食。ライフスタイルの変化によって需要が拡大しているトレー入り食事セットの「ニップン よくばりシリーズ」や「ニップン いまどきごはんシリーズ」などを製造する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン