/

学術会議、自民PT座長「会員選考改める必要」

自民党の日本学術会議のあり方を検証するプロジェクトチーム(塩谷立座長)は11日、党本部で会合を開いた。提言策定に向け来週から論点の集約を始めると確認した。

塩谷氏は会合後、記者団に学術会議の会員の選考過程について「当然、見直しは必要だ。どこまでオープンにできるかだ」と話した。学術会議の民営化を含め組織のあり方を検討すべきだと表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン