/

この記事は会員限定です

大塚家具、見えだしたヤマダ提携効果 赤字脱却へ一歩

証券部 干場健太郎

[有料会員限定]

大塚家具の大塚久美子社長が12月1日付で辞任する。父親である創業者の経営戦略を転換して客離れを招き、赤字続きに陥った経営責任をとる。一方で固定費中心に費用削減を進めたなか、増資を引き受けて親会社になったヤマダホールディングス(HD)との提携効果が販売面で見えだした。「久美子社長後」の体制で赤字脱却をめざす。

「今期(2021年4月期)は通期赤字を見込むものの大幅な改善がみられ、来期の黒字化に向けて道筋がつきつつある」。大塚久美...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン