/

この記事は会員限定です

トヨタ、CASEに集中投資 減益下も予算の4割と手厚く

トヨタ決算・上方修正のポイント

[有料会員限定]

トヨタ自動車の2021年3月期業績予想で、地味ながら同社の戦略を端的に示す数字がある。200億円――。研究開発を厳選して捻出したお金だ。連結営業利益(5199億円)に照らすと小粒だが、聖域なきカイゼンは将来投資にも及ぶ。対象をCASE(つながる、自動運転、シェアリング、電動化)分野に絞り込む姿勢が鮮明だ。

通期の営業利益を1兆3000億円に上積みしたとはいえ、新型コロナウイルス禍で前期に比べれば46%の大幅な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン