/

悪夢による睡眠障害減らすApple Watch用アプリ、米認可

Apple Watch用のアプリ「NightWare」(出所:米NightWare)
日経クロステック

米食品医薬品局(FDA)は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの悪夢による睡眠障害を軽減するApple Watch(アップルウオッチ)用のアプリ「NightWare」の販売を認可したと6日に発表した。米NightWareが開発した。

アップルウオッチを装着した利用者の睡眠中の心拍数などを、アプリのアルゴリズムで分析。悪夢を見ていると判断した場合、アップルウオッチを振動させて夢を中断させる。

アプリの利用には医師による処方箋が必要。単独では使用せず、PTSDを対象とした医薬品など他の治療法と組み合わせて利用する。

(日経クロステック/日経デジタルヘルス 高橋厚妃)

[日経クロステック 2020年11月10日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン