/

Apple、独自半導体のMac3機種 miniは100ドル値下げ

(更新)

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは10日、自社で設計開発した半導体を初めて搭載したパソコン「Mac」3機種を発表した。デスクトップ型の「mini」は従来機種より100ドル(約1万500円)値下げし、699ドルからとした。新型コロナウイルスで広がった在宅勤務や遠隔学習のパソコン需要を取り込む。

Mac向けの新たな半導体「M1」は英アーム・ホールディングスが提供する半導体設計支援ツールを使い、アップルが自社で設計開発した。CPU(中央演算処理装置)や画像処理の能力を高めつつ、消費電力を抑えた。動画再生なら最大20時間のバッテリー駆動が可能で、外出先でビデオ会議を長時間できる。

アップルはすでにスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」は自社で設計開発した半導体を搭載している。Mac向けのM1も共通の仕様で設計することで、iPhoneやiPad向けに作られたゲームなどの各種アプリがMac上でも動作するようにした。

価格はノート型の「MacBook Air」の13インチモデルが999ドルから(日本での価格は税別10万4800円から)、高性能な「MacBook Pro」の13インチモデルが1299ドルから(同13万4800円から)。それぞれ従来機種と同じ水準に据え置いた。

ディスプレーが別売りとなるデスクトップ型のminiの日本での価格は税別7万2800円から。3機種とも同日からアップルのウェブサイトや店頭で購入を受け付け始めた。引き渡しは来週からとなる。

アップルは2006年以降、Macに米インテル製のCPUを採用してきた。インテルは近年、半導体の性能を左右する「微細化」の競争でライバルに後れをとっている。インテルの製品開発スケジュールに縛られることが、アップルにとってはMacの性能強化の制約にもなっていた。

アップルはM1の生産を微細化競争の先頭を走る台湾積体電路製造(TSMC)に委託したとみられる。iPhoneやiPadの最新機種に使われている半導体と同じく、Mac向けの半導体でも回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートルの最先端の半導体製造技術が活用できるようになった。

在宅勤務などの需要が広がり、20年7~9月期のMacの売上高は90億3200万ドルと前年同期比29%増えた。購入者の5割超は初めてMacを利用する。アップルは一部機種を値下げすることでより幅広い顧客層を取り込む。同社は今後2年かけ、Mac全機種の半導体をインテル製から自社設計品に切り替える方針を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン