/

この記事は会員限定です

日産、背水の中国投資 開発陣を派遣 全新型車電動に

[有料会員限定]

日産自動車は中国で積極投資を進める。2021年までに生産能力を3割高め、日本から開発陣も送り込む。中国で今後投入する新型車は全て電動車とする方針だ。中国は成長市場とはいえ、日産は目下、元会長のカルロス・ゴーン被告が進めた拡大路線から転換中だ。12日に決算発表を控えるが、日米で苦戦が続く中、中国に頼らざるを得ない背水の姿が透ける。

「中国は一番重要な市場だ。ここで頑張らなければ日産は終わってしまう」。10月中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン