/

この記事は会員限定です

「株高・円高」なお継続か 真の「日本買い」は遠く

[有料会員限定]

国際金融市場でリスクオン(選好)の株高が進んだ際の円相場の反応に異変が生じている。従来は日本株の上昇と円安の進行がセットだったが、新型コロナウイルス禍を経て株高と円高の共存が目立つようになった。「日本買い」ともいえる株式と円の同時高は何を映しているのか。

10日の東京市場では日経平均株価が一時、前日比400円超上がり、2万5000円台を回復する場面があった。米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン