/

三井住友銀系、スマホ収納を年800万件に拡大へ

三井住友銀行とNECが共同で出資するブリースコーポレーション(東京・渋谷)は、スマートフォンを使ったコンビニ収納サービスの利用件数を2020年度に800万件と、前年度の約300倍に引き上げる計画だ。コンビニなど利用できる場所を増やし、顧客の利便性を高める。

同社は10日、コンビニ収納サービスの「ペイスル」を全国のファミリーマートで使えるようにすると発表した。既にミニストップローソン、セブン―イレブンなどでは対応しており、国内の95%のコンビニで利用できるようになる。

ブリースは公共料金などの払込票をスマホに表示するサービスを手掛けている。

同社によると、19年のコンビニ収納全体の取扱金額は約13兆円と前年比3%伸びた。クレジットカードなどを持たない若年層の利用が多く、スマホを使ったサービスとの親和性は高いとみられる。10月には東京電力エナジーパートナーの電気料金の支払いで使えるようにしており、利便性の向上で利用件数の大幅な拡大を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン