/

官房長官「一つの縁」 カマラ・ハリスと嘉間良

加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、女性として初の米副大統領就任が確実になったカマラ・ハリス上院議員と同じ読み方の地名「嘉間良」が沖縄県沖縄市にあることに関し「地元で話題になっている。読み方が同じというのは一つの縁ではないか」と述べた。

沖縄県の玉城デニー知事も同日までにツイッターで「ハリス氏を沖縄に招いて各国の女性リーダーのサミットを開催したい」と投稿している。加藤氏は「今後、地方レベルで日米間の交流や協力が一層進展することを期待する」と語った。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン