/

鹿島の今期、営業益13%減 国内工事増で上方修正

鹿島は10日、2021年3月期の連結営業利益が前期比13%減の1150億円になりそうだと発表した。16%減としていた従来予想から40億円引き上げた。公共インフラなどの土木工事が順調に進捗していることに加え、国内関係会社の小規模工事や資材販売が想定より増える。前期と同額の100億円を上限とした自社株買いも実施する。

売上高は5%減の1兆9100億円となる見通しで、従来予想から400億円引き上げた。新型コロナウイルス下で東南アジアの工事進捗が遅れ、海外子会社の業績を下方修正したが、国内の土木事業や関係会社が補う。投資有価証券の評価損を計上したため純利益の予想は23%減の800億円で据え置いた。

今期の建設受注高(単体)は17%増の1兆3100億円の計画を維持した。ただ、新型コロナ下で契約手続きや営業活動の遅れがあり、4~9月期の進捗率は3割程度にとどまっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン