/

この記事は会員限定です

関西、コロナ相場反転 JR西15%高・任天堂4%安

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン開発による感染収束の期待から、10日の東京株式市場では関西の鉄道やレジャー関連株が大幅高となった。JR西日本は15%高、ラウンドワンは19%高で制限値幅の上限(ストップ高水準)まで急伸。一方、巣ごもり生活で期待の高かったゲーム関連は振るわず、任天堂は4%下げた。

鉄道関連の近鉄グループホールディングス(GHD)、阪急阪神ホールディングス(HD)も値上がりした。岩井コスモ証券の有沢正一投資調査部部長は「コロナ下で値下がりした反動が出た」としながらも、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン