/

TEP、筑波大の起業活動支援パートナーに

技術系スタートアップ支援のTXアントレプレナーパートナーズ(TEP、千葉県柏市)は10日、科学技術振興機構(JST)の大学発スタートアップ創出を促すためのプログラムで筑波大学での支援パートナーに選出されたと発表した。

TEPは、JSTの「社会還元加速プログラム 大学推進型」で筑波大の研究開発チームの事業化に向けた実現可能性の検証や事業計画の深掘りといった起業活動の支援を実施する。TEPは文部科学省の「次世代アントレプレナー育成事業」でも筑波大と連携し、受講した41チームから8社のスタートアップが生まれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン