/

この記事は会員限定です

ナゴルノ停戦「苦渋の決断」アルメニア撤退受け入れ

[有料会員限定]

【モスクワ=小川知世、イスタンブール=木寺もも子】アルメニア系住民がアゼルバイジャンからの独立を主張するナゴルノカラバフ地域での両国の戦闘が収束する可能性が出てきた。10日、ロシアの仲介でアゼルバイジャンとアルメニアの首脳が完全停戦に合意した。アルメニアが事実上の敗北を受け入れ、周辺地域から撤退する。

停戦は3カ国首脳が共同声明に署名し、現地時間10日午前1時(日本時間同6時)に発効した。声明はア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン