/

この記事は会員限定です

バイデン氏、コロナ対策最優先 政策転換の試金石に

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米大統領選で当選を確実にした民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)は9日、新型コロナウイルス対策を最優先課題に位置づけると表明した。厳格な計画を就任後すぐに実行し、トランプ政権から政策転換の象徴とする。米経済の回復も大きく左右するコロナ対策は、次期政権の成否を占う試金石となる。

「1月20日の就任後すぐに、このパンデミック(感染症の大流行)を一変させるために全力を尽くす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン