/

この記事は会員限定です

日米同盟のあり方探る 1993億円

[有料会員限定]

日米両政府は在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を決める正式交渉を開始した。トランプ米大統領は2021年度以降の大幅な増額を求めていた。日本政府はトランプ氏退陣の影響もにらみながら回避策を探る。

駐留経費のうち日本側が肩代わりする部分は「思いやり予算」と呼ばれる。5年ごとの特別協定に基づいて決める。15年末に合意した16~20年度の総額は9465億円。20年度予算は1993億円を計上した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン