/

年末年始の会食「行くなら10日空けて」 東京都医師会

コロナ感染防止へ

頻繁な飲み会を避けるよう呼びかけた(東京都千代田区)

東京都医師会は10日、新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の会食への参加を少なくとも10日間おきにするよう都民に呼びかけた。尾崎治夫会長は同日の記者会見で「感染力の強い時期は発症2日前から発症後5日間」として、忘年会や新年会への頻繁な出席は控えるよう訴えた。

また、同会は健康診断やがん検診、予防接種の受診を控える動きが強まっていると指摘した。新宿区内を例にとると、5~7月の肺がんや胃がんの検診受診件数は前年同期比で4割以上減っているという。

尾崎氏は「Go To トラベルやGo To イートがあるなら、Go To ドクターはどうか」と述べた。同会は医療機関は安心・安全な受診環境の確保に取り組んでいると強調している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン