/

この記事は会員限定です

捜査目的の決済情報提供、LINEが件数公表

[有料会員限定]

LINEはキャッシュレス決済について捜査当局からの要請で利用者情報を提供した件数の開示を始める。金融・決済分野で企業が当局への情報提供の実績を開示するのは珍しい。人命救助や犯罪捜査でIT(情報技術)企業の持つ情報の価値が高まる一方、透明性を確保するため利用者への説明も強化する。

半年に1度の「透明性レポート」で11日に公表する。キャッシュレス決済「LINEペイ」の利用者情報を1~6月、当局に13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません