/

SBI証券資金流出、引き出し役の2人逮捕 窃盗疑い

SBI証券の顧客資金9864万円が流出した事件で、埼玉県警は10日、不正に送金させた現金をATMで引き出したとして、中国籍の男女2人を窃盗の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。県警はほかに指示役など犯罪グループが関与したとみて、捜査を進める。

逮捕されたのは、いずれも埼玉県川口市の留学生の少年(19)とアルバイトの少女(19)で、県警によると、インターネット上で知り合った人物の指示を受け、現金の引き出し役を担った。

SBI証券は9月、不正なアクセスにより顧客6人の資金計9864万円が流出したと発表しており、引き出したのはこの一部とみられる。

2人の逮捕容疑は、氏名不詳者と共謀の上、8~9月、埼玉県川口市と蕨市のコンビニエンスストアのATMで、他人名義のキャッシュカードを使い、それぞれ約54万円と約2万円を出金するなどした疑い。

県警などによると、何者かがSBI証券の顧客のアカウントのパスワードなどを何らかの方法で入手し、不正アクセスして株式などを売却。送金先を顧客と同名義で不正開設したゆうちょ銀行口座に指定し、少年らに引き出させたという。

県警は不正アクセスの実行や銀行口座の不正開設、引き出し役への指示など細かく役割分担されていたとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン