/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG急回復 孫氏、Zoom越しの目利き力

テレワーク成功の勘所(20)

[有料会員限定]
日経BP総研

ソフトバンクグループの業績が急回復している。10兆円ファンドなど「ファンド事業」の累計損益はマイナスに落ち込んだ2020年3月末から一転、9月末で1兆3901億円の投資利益を出した。「AI(人工知能)革命への投資会社」を目指す同社にとって最大の武器は、投資先を見抜く孫正義会長兼社長の目利き力だ。だが新型コロナウイルス禍で孫氏は海外出張ができず、議論はほとんどがウェブ会議だ。「Zoom(ズーム)」の画面越しでも目利き力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン